用語集

がん治療用語集:抗がん剤の使用方法と目的・働き・副作用の内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

がんの治療として標準治療とされているのが「手術」(外科治療)、「薬物療法」(抗がん剤治療)、「放射線治療」で、この3つの治療法が「三大治療」とされています。

標準治療では過去の治療実績をもとに、主にこの三大治療から選択されます。
そのなかでも、「薬物療法」である抗がん剤やホルモン剤について詳しくご説明します。

がん治療 薬物療法 抗がん剤 ホルモン剤

抗がん剤

抗がん剤治療は、全身に広がったがんに対しても治療効果が期待されます。

手術療法は、切り取られたがん細胞の部分がなくなりますが、特定の部位だけに効果を発揮するものであり、全身に転移している可能性があるがんの治療はできません。
しかし、抗がん剤による治療は、血液にのって全身を巡りながら薬の効果を発揮していきます。

特にがんが発症部位から離れて転移した場合は、どこにがんの転移が広がっていくかわかりません。

全身に転移したがんは、手術療法だけで取り除くことは不可能になります。
でも、抗がん剤で転移したがん細胞の進行を抑えることができれば、癌を根治させる可能性もあるのです。

抗がん剤は複数使用する

抗がん剤治療では、通常複数の種類の抗がん剤を併用しながら治療を進めてしいきます。

これは単体の抗がん剤だけを使用して副作用が強烈に出ることを防ぐ目的もありますが、がん細胞に対して多方面からアプローチをすることができるというメリットがあります。

抗がん剤と放射線治療との組み合わせ

がんの治療においては、選択肢が多いほうが治療の幅も広がります。

抗がん剤と放射線治療を組み合わせることで、治療がより良くなることや、がん治療の実績も結果として出しています。

がん治療 抗がん剤 放射線治療 組み合わせ

再発防止のために使用される

手術や放射線治療をして、がん細胞をしっかり取り除いたつもりでも、きちんと検査しなければ発見できないがんもあります。

手術療法や放射線治療の後に抗がん剤を使用すると、再発のリスクを抑えることができるのです。

抗がん剤の働き

抗がん剤は、がん細胞が細胞分裂をしている最中に働けるようになっています。

抗がん剤の副作用の内容

抗がん剤は効果も高いものが多いですが、反面体のなかの正常な細胞にも作用するため、それが副作用となって現れることもあります。

  • アレルギー反応
  • 骨髄抑制
  • 吐き気、嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 口内炎
  • 貧血
  • 疲労感やだるさ
  • 脱毛
  • 手足のしびれ感

アレルギー反応

皮膚の発疹・かゆみなどのアレルギー反応が起こる場合があります。

抗がん剤を投与した直後から、皮膚に発疹やかゆみなどの症状が出ることがあります。
アレルギー反応のひどい人は、血圧の低下や不整脈を引き起こす場合もあります。

骨髄抑制

抗がん剤治療によって骨髄の機能が障害を受けることがあります。
血液を作り出す骨髄の機能のバランスが崩れると、白血球や赤血球、血小板などが減少することがあります。

吐き気、嘔吐

抗がん剤の副作用の代表的な症状でもある吐き気や嘔吐の症状が現れることもあります。

抗がん剤治療により脳の神経が刺激されて起こる副作用だと考えられていますが、がん治療に対する不安やストレスなど精神面も大きく関係していると言われています。

抗がん剤 ホルモン剤 副作用 吐き気

下痢

抗がん剤の投与によって腸の粘膜が荒れて炎症を起こすことや、感染症が起こって下痢をすることがあります。

便秘

腸の動きを司っている神経に化学療法の影響が及ぶことが原因で、腸の動きが弱くなることで便秘になることがあります

口内炎

抗がん剤の作用が口の中の粘膜に影響することや感染することで、口内炎(口腔粘膜炎)ができて、痛みを感じることがあります。

貧血

抗がん剤を投与することで、骨髄の造血幹細胞の機能がバランスを崩し、赤血球が減少することや、消化管からの出血によって貧血の症状が起こります。

疲労感やだるさ

抗がん剤の投与によって、体がすぐに疲れやすい、気力が出ないなどのだるい症状が現れます。

脱毛

抗がん剤の投与によって、毛の根元にある細胞が影響を受けると、脱毛が起こります。

脱毛のレベルは抗がん剤の種類、使う期間や量、個人によって差があります。
また、頭皮だけでなく体毛やまゆ毛なども抜けてしまいます。

抗がん剤 副作用 脱毛

手足のしびれ感

抗がん剤を投与することで、指先や足先のしびれやピリピリする違和感をおぼえることがあります。

ホルモン剤

がんの種類によっては、がん細胞が増えるためにホルモンの作用を必要とします。
乳がん、子宮体がん、前立腺がんなどが対象となります。

特定のホルモンを分泌する部分を手術で取り除くことや、ホルモンの作用を抑えるホルモン剤を投与して、がん細胞が増殖することを抑えることが目的です。

抗がん剤のように、がん細胞そのものを攻撃する作用はないのですが、がん細胞の発育・成長を阻止して、がんの進行を抑えていくための治療法になります。

ホルモン剤の副作用

ホルモン剤の副作用としては、以下のものが挙げられます。

  • ほてりやむくみ
  • 体重がふえる
  • 生殖器のトラブル
  • 血栓ができやすくなる

副作用の症状は一過性であることが多く、だんだんと治療にも慣れてくることが多いです。
しかし、副作用が強く治療の継続が難しい場合には、薬の種類を変更することもあります。

ホルモン療法は長期間の治療になることが多いので、副作用については治療前にドクターヘあらかじめ確認しておきましょう。

がん治療 ホルモン剤 副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。