用語集

放射線治療機器トモセラピーが患者の負担を軽減する2つの照射モード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トモセラピーは、最精鋭の放射線治療機器です。

トモセラピーの大きな特徴は、CTと一体化しているということです。
トモセラピーはCTと一体化することで、がん治療に大きな進歩を見出しました。

トモセラピーの仕組みやトモセラピーの治療法についてご説明します。

トモセラピーの基礎知識

トモセラピーは、がん細胞だけを狙ってピンポイント照射ができる高度放射線治療装置です。
同じくピンポイント照射ができるサイバーナイフとともに、アキュレイ社の登録商標です。

トモセラピーはCTと一体化している

トモセラピーは「強度変調放射線治療」と「画像誘導放射線治療」を併せもつ装置で、放射線治療装置とCTが一体となったものです。
患者さんにとっては、CTとトモセラピーを行ったり来たりする必要がないのも、がん治療の負担が少なくなる要因です。

CTでがん細胞の位置を把握

トモセラピーはCTがついていることで、放射線の照射前にCT撮影をして、がん細胞の照射位置を正確に把握しています。

トモセラピーは、照射する放射線のビームの強弱や、最適な線量分布を細かく設定し、患者さんのがんの大きさや形はもちろん、周辺の臓器の位置や形についても、CT画像を測定して正確に測定していきます。

トモセラピー CT 撮影

トモセラピーの治療計画に伴うCT撮影では「固定具」という患者さんの身体の動きを制限するための道具を使用します。
固定具は患者さん一人一人の身体やがんの位置、大きさ、形に合わせてオーダーメイドで作られるため、より正確に照射する位置を把握できるのです。

治療のたびにCT撮影して位置合わせを行うため、その都度精度は高まり、放射線照射の誤差も軽減するので、正常な組織への放射線照射を最小限に抑えることができます。

固定多門照射モード

トモセラピーには、初期型から搭載されている「ヘリカル回転照射モード」と、後に追加された「固定多門照射モード」があります。
固定多門照射モードは、トモセラピー独自の技術ではなく、他のIMRT機でも使われている照射方法で、位置を固定した状態で多門照射を行う治療法です。

乳がんの場合、ヘリカル回転照射モードでがん細胞に照射すると、どうしても心臓や肺に不必要な放射線が発せられます。
しかし心臓や肺への照射を避けようとすると、放射線を照射する際に制限されてしまいます。

トモセラピー 放射線治療 照射

たとえば乳がんは、ヘリカル回転照射モードで乳がんに放射線を照射しようとすると、肺や心臓に不必要な低線量が照射されることが避けられません。
しかし、固定多門照射モードで放射線を照射すると、乳房にピンポイントで照射できるので、心臓や肺への悪影響を最小限に抑えられます。

トモセラピーの二つの照射モード、「ヘリカル回転照射モード」と「固定多門照射モード」はそれぞれ適応される部位や状態が異なります。

固定多門照射モードが適する部位

  • 乳房
  • T1喉頭
  • がんの骨転移
  • 全脳照射

ヘリカル回転照射モードが適する部位

  • 全身照射
  • 定位置放射線治療(SRS)
  • 前立腺、リンパ
  • 胸壁、リンパ
  • 海馬を避ける全脳SIB
  • 全脳全脊椎
  • 頭頚部

トモセラピーの固定多門照射モードとヘリカル回転照射モードを合わせると、トモセラピーは非常に広い治療適応範囲を持つことになるのです。

ヘリカル回転照射モード

ヘリカル回転モードのヘリカル(helical)とは日本語では「らせん状」です。
ヘリカル回転モードでは、患者さんが仰向けになったカウチが水平移動し、トモセラピーのガントリーがカウチの周りを回転します。

ヘリカルCT

一般的なCT撮影は、人体を輪切りにして撮影します。
しかし、輪切りの画像ではどうしても境目ができてしまうので、境目にがんがあると発見しづらいというデメリットがあります。

CT 画像 輪切り

対してヘリカルCTでは、撮影台を水平に移動させながら撮影装置を回転させて連続撮影を行うので、境目はできず、一続きのらせん状に撮影されていきます。
そのため、境目にできたがんを見落とす不安がないのです。

トモセラピーのヘリカルCTにより、治療困難とされていた多くの転移がんや多発がんの患者さんたちも、治療を受けられるようになってきました。

ヘリカル回転による照射で患者さんの負担も減少

トモセラピーの放射線照射は、一回の治療で多くの部位に照射することができます。

従来の放射線治療装置では、一回の治療で一カ所にしか放射線照射ができませんでした。
都度、治療装置をセットし直して照射位置を変えていたため、治療回数や病院へ行く回数も多くなっていたのです。

トモセラピーでは一回の治療で多くの部位に放射線を照射することができるようになったので、患者さんの金銭的負担や肉体的負担はぐっと軽くなり、拘束時間も短縮されました。

IMRTとは?

トモセラピーで行われる照射法「IMRT」は、1本1本の放射線ビームの中に線量の高い部分と低い部分を作れるということが大きな特徴です。

線量の加減が調整できるおかげで、放射線を腫瘍部分にのみ当てられます。
その結果、正常細胞へのダメージは最小限に抑えられ副作用も少なくなります。

まとめ

トモセラピー 治療 高齢者

CTと一体化した放射線治療装置トモセラピーは、IMRTを行える特に実用性の高い装置です。
放射線治療機器の進化によって、高齢者や症例の難しいがん患者さんも、体により負担が少なく放射線治療を受けることができるようになったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。