最先端医療

最先端がん治療・免疫細胞療法と放射線治療を同時に行うメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サイバーナイフやトモセラピーといった高度放射線治療装置が登場し、がんの放射線治療は躍進しました。
実は、放射線治療と組み合わせるとがん治療の効果をさらに高める「ある治療法」が注目されています。

「ある治療法」とは「免疫細胞療法」です。

自身の免疫細胞を培養する免疫細胞療法とは?

 

免疫細胞療法

放射線治療と組み合わせることで、治療効果が高まることが分かってきた免疫細胞療法は、特にトモセラピーを用いた進行がんの治療に導入されている治療法です。
トモセラピーと免疫細胞療法の組み合わせにより、がんの治療効果は大きくなり、早い改善が目指せるようになりました。

免疫細胞のひとつT細胞とヒトの身体免疫とは、ウイルスなどの異物から身体を守る仕組みのことですね。
体内に侵入してきた異物を攻撃し、除去する役割を果たしてくれます。

実は、がん細胞もウイルスと同じように、身体にとって異物とみなされるものの一つです。つまり、免疫にとって攻撃対象ということです。

免疫をなり立たせているのは、樹状細胞やマクロファージ、B細胞、T細胞、ナチュラルキラー細胞といった免疫細胞です。免疫細胞療法はこれらの免疫細胞を利用した治療法です。

免疫細胞療法について詳しくはこちら

放射線治療と免疫細胞療法のコラボ

では、免疫細胞療法と放射線治療を同時に行うとどのようなメリットがあるのでしょうか。

最も大きいのは放射線治療で破壊し損ねたがん細胞を叩けるという点です。

放射線治療で放射線を照射されたがん細胞は、DNAにダメージを受け、自ら消滅する「アポトーシス」という状態になります。
ところが、なかには「アポトーシス」せずにそのまま体内へ流れて行ってしまうがん細胞が出てきます。

放射線治療は、このように体内を漂う小さながん細胞を攻撃するのには適していません。
一方の免疫細胞療法は体内をパトロールして漂うがん細胞を攻撃することを得意としています。

免疫細胞療法は点滴で免疫細胞を培養した血液を体内に戻しますさらに、放射線を浴びたがん細胞は、ダメージを受けていますから、より免疫で処理しやすい形になっています。
放射線療法で大元のがんを取り除き、免疫細胞療法で体内に散らばったがん細胞を除去する――。理想的な治療です。

免疫細胞療法も、高度放射線治療も、どちらも副作用が少なく効果は高い、さらに再発予防にも使える優秀な治療法です。
こういう面からみても、二つは最高の組み合わせと言えるでしょう。

まとめ

高度放射線治療は年々進歩しており、よりピンポイントに、より適用範囲を広く、と進化しています。
ですが、身体の中を漂う小さながん細胞といったような「どこにあるのかわからないがん細胞」に弱いという点は、いまだに課題の一つです。

全身療法である免疫細胞療法との組み合わせは、この放射線療法の弱点を補う画期的な治療法です。
放射線治療と免疫細胞療法のどちらにも対応できる病院が増えるといいですね。

切らずに済むがん治療を目指して・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。