がん治療

第4のがん治療法・免疫細胞療法~DCハイブリッド療法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

がんの治療は日々研究が進んでおり、三大治療法と言われる「手術療法」「抗がん剤療法」「放射線療法」以外の治療方法にも注目が集まるようになりました。

その中でも、最新のがん治療法である「免疫細胞療法」についてご説明します。

免疫療法 免疫細胞療法 DCハイブリッド療法

免疫とは?

私たちの体に備わっている免疫は、外界から侵入する異物やウイルスから体を守るために戦ってくれています。

また、がんと免疫はとても深い関係があります。
がん細胞は、健康な人でも日々発生しており、その数は1日5,000個以上とも言われています。

ですが、全ての人ががんにかかるわけではありません。
これは、私たちの体にもともと備わる免疫の力が作用しているからであり、免疫細胞ががん細胞と戦ってくれているからです。

がん患者さんの免疫力がダウンしていると、がんの治療の進み具合も悪くなります。
そこで、がん患者さんの免疫力をパワーアップさせて、がん細胞への攻撃力を強めるための治療法が開発されました。

免疫療法とは

「免疫力」という言葉はよく耳にすると思います。
「免疫力が高い」と言われる人は、日頃から体が強く病気にかかりにくいという特徴がありますが、逆に「免疫力が弱い」と言われる人は、病気にかかりやすく病気の治りも悪いという特徴があります。

免疫療法 免疫力

免疫力が高い人はがん細胞と戦う力がありますが、免疫力が弱い人はがん細胞と戦う力も弱まります。
がん患者さんは、免疫力が弱まっているためがん細胞と戦う力も弱まっているのです。

そこで、患者さんの免疫力をパワーアップさせていこうという治療法が、免疫療法なのです。

免疫細胞療法とは

がんの最新治療法として注目されているのが、免疫細胞療法です。
免疫細胞療法は、がんの三大治療法に加えて「第4のがん治療法」として注目されています。

免疫細胞療法は、私たちの体に本来備わっている免疫力を利用してがんの治療が行われます。
他の三大治療法のような即効性のある治療法ではありませんが、患者さんの免疫力が強くなるため、体内で長くがん細胞と戦うことが可能です。

免疫細胞療法は、血液中など体内のどこにあるのかわからないがん細胞や、手術、抗がん剤、放射線治療で攻撃し損ねたがん細胞に作用することが期待されています。

免疫細胞療法 点滴

免疫細胞療法は、自分自身の持つ免疫力を利用した治療法になるので、副作用も少ないことから患者さんの負担の少ないがん治療法です。
また、免疫細胞療法を受けた患者さんは、免疫力がアップすると、放射線治療を受けている場合は治癒力も増してきます。

DCハイブリッド療法とは

がんの治療法として注目されている免疫細胞療法、その中でも「DCハイブリッド療法」は、体の中に備わる自然免疫応答と特異的獲得免疫応答という2つの免疫システムを使った、新しい免疫細胞療法のことです。

DCハイブリッド療法では、患者さんの血液から取り出したリンパ球を、体の外で増殖し活性化させて、再び患者さんの体内へと戻す治療法で、患者さんは強い免疫細胞を体に取り入れることになります。

患者さんの体へ戻されたパワフルな免疫細胞は、血液やリンパの流れに乗って全身に作用し、転移したがん細胞や血液中に漂うがん細胞、画像診断に写らないような小さながん細胞にもしっかり働いてくれます。
DCハイブリッド療法は、強くなるためのがん治療法なのです。

DCとは

DCハイブリッド療法の「DC」とは「樹状細胞」のことです。
樹状細胞をワクチン療法でワクチン化されたものをDCハイブリッド療法で使用します。

樹状細胞の他にも

  • ガンマデルタT細胞
  • ナチュラルキラー細胞
  • ナイーブT細胞
  • キラーT細胞
  • ヘルパーT細胞
  • NKT細胞

の合計7種類が使われます。
これらの免疫細胞が体外で強化されて体内へ戻されて、それぞれで作用し合いながらがん細胞を攻撃していくようになります。

この中でも、ナイーブT細胞と樹状細胞は、とてもパワフルな免疫細胞です。
ナイーブT細胞は、キラーT細胞やヘルパーT細胞などの『T細胞』に分化する前の若い細胞です。
ナイーブT細胞は寿命も長いため体内で長く働くことと、がんに対する攻撃力も強いという特徴があります。

そもそもT細胞とは、がん細胞などの異物に攻撃を仕掛ける作用がある免疫細胞ですが、がん細胞を攻撃対象と認識するための情報が必要になります。
この情報の架け橋となる細胞が、樹状細胞なのです。

樹状細胞の役割は、見つけた異物の情報を取り込み、取り込んだ異物の情報を他の免疫細胞に伝えること、さらに他の免疫細胞に異物への攻撃命令を出すことです。
そのため、樹状細胞は攻撃する対象となるがん細胞の特徴を、他の免疫細胞に伝えて行く役割があります。

免疫細胞療法 DCハイブリッド療法 樹状細胞

DCハイブリッド療法の核となるのは、樹状細胞です。

免疫細胞であるナイーブT細胞は、樹状細胞から情報をもらわなければ、体内に戦うべきウイルスやがん細胞が存在しても無反応です。
しかし、樹状細胞にがん細胞の情報をもらうことで「がん細胞を攻撃する」と認識して、がん細胞を攻撃することができるようになります。

まとめ

免疫細胞療法は、入院の必要もなく普通の暮らしをしながら治療を受けることができるので、患者さんのQOLを損ねることなく治療を続けられるでしょう。

免疫療法 免疫細胞療法 QOL

また現在の標準治療を受けることができないがん患者さんも、免疫細胞療法なら受けることが可能です。
特に高齢者は、がんの手術をするだけの体力がないこともありますが、免疫細胞療法が受けられれば患者さんの救いにも繋がります。

高齢化が進む日本において、免疫細胞療法はがんの最先端を行く治療法として大きく期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。