用語集

がん免疫細胞療法の基礎知識:BAK療法・DCハイブリッド療法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

がんは日々最新治療が研究されており、がん治療に際しては広く選択肢があります。
しかし、私たちはがんの治療法については、まだまだ知らないことや誤解していることが多いようです。

がんと私たちの免疫は、大きく関係しています。

「がん細胞が患者さんの免疫力を下げる」ということ。がん細胞と免疫細胞の関係、そしてがんの最新治療法である免疫細胞療法、DCハイブリッド療法、BAK療法についてご紹介します。

がん 免疫療法

がんの免疫抑制

私たちの日常ではよく「免疫」という言葉を使いますよね。

体が弱い高齢者や赤ちゃんは「免疫力が低いから病気にかかりやすい」というように、免疫という言葉は「身体の外から侵入してくる細菌やウイルスから体を守るもの」と認識しています。

しかし免疫は、外的要因で体内に入ってくる細菌やウイルスに対してのみ働くものではなく、人間の体内で生まれる「がん」も免疫と深い関係があります。

がん患者さんの免疫を見てみると、ブレーキがかかったような状態になっており、ブレーキをかけているものの正体は、がんになると増える「免疫抑制細胞」というものです。

がん 治療 免疫細胞

がんの発症は免疫力と大きく関係しており、免疫にかかるブレーキの状態を「免疫抑制」と言います。

私たちは健康な時でも、体内で1日に3,000~5,000個ものがん細胞が作られています。
それでも、すべての人ががんになるわけではないのは、一人一人の免疫力が働き、がん細胞を日々処理しているからです。

しかし、免疫力の低下こそが、病気としての「がん」を発症するきっかけになり、がんによって免疫が抑えられた患者さんは、治療中もずっと免疫力にブレーキがかかったままの状態にあるのです。

がん治療には免疫力アップが必須

フランスの研究グループが、正常なマウスと免疫不全マウス(免疫を働かないようにしたマウス)それぞれに乳がんや大腸がんなどのがん細胞を植えつけて、放射線療法を行った実験が科学雑誌『ネイチャー』で発表されました。

正常なマウスは放射線療法によってがんが小さくなったのですが、免疫不全マウスは同じように放射線を照射しても、がんが小さくならなかったとの結果でした。

この結果からも「免疫力が低下しているとがんの治りが悪い」ということがわかります。

免疫細胞療法とは

この考えのもと、「いかにがん患者さんの免疫力を高めるか」という研究が積み重ねられていくことになりました。

なかでも「外からの刺激で免疫力を活性化しよう」というアプローチがありましたが、薬などを使って免疫力を活性化する方法は期待するような効果はなかなか上がってきませんでした。

がん 免疫療法 効果

そんななか発想の転換として、免疫細胞を取り出してみようという試みが生まれました。
免疫細胞療法として、患者さんの血液からリンパ球を採取し、身体の外で増殖させて活性化したら再び患者さんの体内に戻すという療法です。

免疫細胞療法は試行錯誤のもと、治療実績・理論的ともに信頼できる治療法として認められている療法が以下の2つです。

  • BAK療法
  • DCハイブリッド療法

BAK(BRM Activated Killer)療法

BAK療法は、日本語では「生物製剤活性化キラー」と言います。

免疫細胞療法の中でも特に「リンパ球」を用いたがん免疫細胞療法を指す言葉で、ガンマデルタT細胞やナチュラルキラー細胞といった免疫細胞を利用して、がん細胞と戦います。

一般的には、「免疫細胞治療」と言えばBAK療法を指します。

DCハイブリッド療法

「自然免疫応答」と「特異的獲得免疫応答」という2つの免疫システムを使った、新しい免疫細胞療法がDCハイブリッド療法です。

DCは免疫細胞の一種「樹状細胞」のことです。
DCハイブリッド療法には以下の細胞が使われます。

  • ガンマデルタT細胞
  • ナチュラルキラー細胞
  • ナイーブT細胞
  • 樹状(DC)細胞
  • キラーT細胞
  • ヘルパーT細胞
  • NKT細胞

この合計7種類が使われています。
ナイーブT細胞や樹状(DC)細胞はとても強い免疫細胞として活用されています。

強くなるためのDCハイブリッド療法

DCハイブリッド療法では、とても強い免疫細胞を体に取り入れることが仕事です。

患者さんの血液から取り出したリンパ球は、体の外で増殖させて活性化したら、再び患者さんに戻します。

がん 免疫療法 投与

戻された免疫細胞は、血液やリンパの流れに乗って全身をパトロールし、血液中を漂うがん細胞や、画像に写らないような小さながんでさえも、しっかり攻撃してくれます。

BAK療法とDCハイブリッド療法の併用

免疫療法に力を入れている医療機関では、BAK療法とDCハイブリッド療法を併用する治療が行われています。

DCハイブリッド療法とは、7種類の免疫細胞を増やす免疫細胞療法で、核となるのはワクチン化された樹状細胞です。

樹状細胞の役割は、

  • 見つけた異物の情報を取り込むこと
  • 取り込んだ異物の情報を他の免疫細胞に伝えること
  • 他の免疫細胞に攻撃命令を出すこと

などで、攻撃すべきがん細胞の特徴を教えて、成熟させる力を持っています。

また、BAK療法とDCハイブリッド療法の併用プラス、トモセラピーを活用した高度放射線治療も組み合わせている医療施設もあります。

1つの治療法に固執するのではなく、色々な療法を受け入れてみることは、治療の可能性を広げることにも繋がります。

まとめ

放射線治療は、ハイスペックな医療機器を使い、画像で捉えることができるがんには効果を発揮します。

がん 免疫細胞療法 メリット

免疫細胞療法は、血液中など体内のどこにあるのかわからないようながんや、放射線治療で破壊し損ねたがん細胞にも対処できる、というメリットがあります。

患者さん自身の免疫力が高まれば、放射線治療の効果も高まります。
さらに、免疫力が高まり元気な免疫細胞は、放射線では攻撃できない小さながん細胞も減らすことができます。

放射線療法も免疫療法も、どちらも入院の必要がなく、普通の暮らしに負担が少ない治療方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。